企業理念・会社沿革

通販サイト指針
  1. 無駄な営業コスト等を省き、他社よりも圧倒的な「安さ」「便利さ」「早さ」を追求します!
  2. 全てWEB上で完結する「自動化・システム化」を目指します!
基本理念
三方善

私企業である限り利益を追求します。利益がないと存在できません。
利益を上げ納税と言う形で社会に貢献もしているのです。

会社の事業を通じて我々の営みが社会の役に立っていると考えるからこそ、社員全員が必死に仕事に打ち込めるのだと思います。

公器とはそういう意味です。 三方とはいろいろあると思います。

常に三方を意識する、自分さえよければ良い、自分と自分の仲間だけよければ良いという考えでは、いずれかならず破綻してしまいます。
三方全てに善い事、これを常に考えて社業に打ち込む事をダンボールワンは人としての生き方の基本理念にしています。
経営理念
  1. 私たちは、志高く夢を描き、社員相互の幸福創造を実現します。
  2. 私たちは、新しい価値を創造し、人と社会の未来に貢献します。
品質方針

お客様の望む
QCD
を実現いたします。

品質方針
環境理念
シンプル&エコパッケージをご提案いたします。

ダンボールワンは、能登半島の真ん中!七尾市にあります。
御覧のように工場は緑にかこまれた自然環境に恵まれた
場所にあります。能登は優しや土までも!という言葉が
ありますが、本当にホッとする里山海って感じのところです。

この素晴らしい緑、土、海、空気を日々大切にしながら、
会社の発展、社員の幸福、社会への貢献を考えて仕事に取り組んでいます。
自然に恵まれている事に感謝し、その自然を守り育てていくこともダンボールワンの大事な仕事と考えています。

情報セキュリティー基本方針
ISO27001

情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際認証規格である「ISO27001」を認証取得しております。
証顧客情報、個人情報、知的財産権の重要性を認識し、これら情報資産の安全性を確立します。

会社沿革
1978年(昭和53年) 5月4日…能登紙器株式会社(旧社名)を設立、岩崎陽治が代表取締役に就任
2002年(平成14年) 7月…受注増により事務所・工場を増設
2003年(平成15年) 10月…岩崎隆が代表取締役に就任
2005年(平成17年) 10月…現在のホームページ(notosiki.co.jp)を開設しインターネット販売を開始
2006年(平成18年) 4月…既製品の販売を開始。ホームページに買物カゴ機能を導入し、ネットショップ通販へ
11月…ネット通販の受注増加により新工場を建設
2007年(平成19年) 2月…クレジットカード決済サービスを導入
12月…プラダン(プラスチックダンボール)の販売開始
2009年(平成21年) 1月…ホームページをリニューアル。サイト名を「ダンボールワン」に変更
オーダーメイドの自動見積見積システムを導入
4月…新型のグルアー機(段ボール箱の接合機)を導入
8月…全自動断裁機を導入
2011年(平成23年) 10月…「能登紙器株式会社」から「株式会社ダンボール・ワン」に社名変更
2013年(平成25年) 2月…「プラダン激安通販サイト」オープン
2014年(平成26年) 3月…新型の印刷機「Ninja」を導入
5月…既製品の物流拠点を石川県金沢市に移転
2015年(平成27年) 3月…資本金を2000万円に増額
2016年(平成28年) 1月…通販サイトを大規模リニューアル
1月…最新鋭のオンデマンドカットシステム「SAMURAI」を導入
9月…北陸エリア向け「ダンボールワン北陸」オープン
9月…プラダンオーダーメイド通販サイト「プラダン専門店」オープン、プラダンの即日出荷サービス開始
10月…情報セキュリティの国際認証規格「ISO27001」を取得
12月…岩崎隆が代表取締役会長に、辻 俊宏が代表取締役社長に就任
カートを見る
FAX注文書
  • ダンボールの選び方
  • 既製品ダンボール
  • オーダーメイドダンボール
ページトップへ