【業界No.1】日本全国の工場をネットワーク化したダンボール激安販売・通販「ダンボールワン」- 段ボール・梱包資材の業界最安値に挑戦!

最短当日出荷・送料無料 [ 一部地域・商品除く ]
サイズ検索 mm 検索

お電話でのお問い合わせ(法人専用)

050-2018-3344
8:30〜17:00(土日祝日除く)

ダンボール箱サイズで検索[ 単位:mm ]

mm mm mm
検索

お役立ち記事

化粧箱とは? プレゼントやギフトに最適な箱選び
[ 梱包方法 ]

化粧箱とは? プレゼントやギフトに最適な箱選び

プレゼントやギフトを贈る際は、できるだけ相手に喜んでもらいたいものです。それが特別な相手や高価な品物であればなおさらでしょう。
贈り物をきれいに包装して、お祝いや感謝の気持ちを表したい。そんな時に利用したいのが「化粧箱」です。

ここでは、化粧箱の特徴や種類、用途について詳しく紹介します。
化粧箱選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

化粧箱とは

化粧箱とは

化粧箱とは、「印刷や箔押しなどの装飾を施した紙製の箱」のことです。
箱を装飾する(=化粧する)ことから、そう呼ばれています。

化粧箱には中身を保護する役割のほかに、「物の見栄えをより良くする」という役割があります。
これは中の物を値段以上の価値に見せたり、渡す相手に対しての気遣いや丁寧さを表す際に有用です。

現代では贈答品に限らず、店の商品やフリマアプリの出品物などを入れるためにもよく使われています。
デザインや装飾に個性のある化粧箱を使用することで、“顔”を覚えてもらう効果も期待できるためです。

化粧箱を使うメリット

大きくは、品物に特別感を付与できることが化粧箱のメリットです。

化粧箱を使うメリット
  • 見栄えが良くなる
    化粧箱の華やかさが商品をより魅力的に見せるため、販促効果が上がります。
    商品を購入した方も、開封時のワクワク感があって好印象を抱きやすいでしょう。
  • 印刷の自由度が高い
    ネットショップなどでは、すでに印刷されている規格の化粧箱が多数販売されています。
    汎用性が高く使いやすいものが多いので、まずは規格品からイメージに合うものを選んでみると良いでしょう。
    店のロゴを印刷したり個性的なデザインにしたい場合には、オリジナルの化粧箱を作ることもできます。オリジナルの印刷をすればブランディングができ、他の商品との差別化を図れるでしょう。
    女性向けの商品であればやわらかくかわいらしいデザイン、ご年配向けの商品であれば落ち着いたデザインといったように、化粧箱を一目見ただけで店や商品のイメージを印象づけることもできます。
  • 表面加工にバリエーションがある
    表面加工によって、光沢感を出したり手触りを変化させたりすることができます。
    より高級感を出すための「箔押し加工」や、立体感を出す「浮き出しエンボス加工」など、バリエーションも豊富です。
    また、表面加工には見た目の美しさ以外のメリットもあります。
    ニスを塗ったりフィルムを貼ったりすることで箱の耐久性が上がり、摩擦や水による損傷を防げます。

化粧箱を使うデメリット

化粧箱の印刷や加工には繊細な技術が求められます。
よって、それに関連する点がデメリットになります。

  • 強度が弱く丁寧に扱う必要がある
    化粧箱は厚紙などで制作されることが多く、衝撃や水濡れに弱くなっています。
    表面に加工が施されているものは摩擦に弱い場合もあるので、特に丁寧な取り扱いが必要です。
    発送する際は緩衝材で包んでダンボールに入れるなど、化粧箱に衝撃が加わらないように工夫しましょう。

化粧箱の形状の種類

化粧箱には形状にいくつかの種類があります。
中でも代表的な形状を、それぞれの特徴と合わせて以下に紹介します。

身フタ型(BOX形)

フタと箱が別々になっていて、フタを箱にかぶせる形状です。
しっかりしていて比較的丈夫な構造であるため高級感があり、贈答品の梱包に適しています。
お中元やお歳暮、高級酒や高級青果などのギフトによく使われます。

身フタ型(BOX形)
身フタ型
メリット
・商品をより高価に見せることができる
デメリット
・フタと箱に分かれているため、作成にややコストがかかる
・組み立てに手間がかかる

身フタ一体型

フタと箱が一体となっている形状です。
スマートにフタの開け閉めができるため使い勝手が良く、詰め合わせのギフトなどによく使われます。

身フタ一体型
身フタ一体型
メリット
・仕上がりが美しい
デメリット
・組み立てに手間がかかる

サック型(キャラメル型)

サック型
サック型

フタが差し込み式になっている、最もよく目にする機会の多い形状です。
コストパフォーマンスや汎用性の高さから、さまざまな商品パッケージに使用されています。

メリット
・比較的安価
・組み立てが簡単
デメリット
・比較的耐久面に不安がある

ピロー型

曲線が特徴的な、ギフト向けとして人気の形状です。
ネクタイ・ハンカチ・スカーフ・衣類など、軽い物のラッピングに適しています。

ピロー型
ピロー型
メリット
・見た目がオシャレ
・組み立てが簡単
デメリット
・中身を固定できないため、破損しやすい物には適さない

窓付き・スリーブ型

窓付き・スリーブ型
窓付き・スリーブ型

フタがなく、筒状の外箱から身箱をスライドさせて開ける形状です。
高級感の演出に長けているためアクセサリーなどの小物類に適しているほか、
羊羹や焼き海苔の缶など一部食品類のパッケージとしても使用されています。
窓付きのものであれば中身が一目で分かり、見栄えも大変良いです。

メリット
・商品をより高価に見せることができる
デメリット
・中身の抜け落ちを防ぐためにシールやテープでとめる必要がある

変形型

変形型
変形型


一般的な角形の他にも、特定の品物を入れるために特化したものや特殊な形状のものなど、化粧箱には多様な種類があります。
ブランディングをしたい場合には、箱選びにこだわってみるのも良いでしょう。

メリット
・オリジナル性を出すことができる
デメリット
・作成にコストがかかる

化粧箱の利用にオススメなもの

「見栄えをより良くする」という役割から、以下のようなものを入れる際に化粧箱は適しています。

  1. お菓子
    手土産として購入するようなお菓子類によく利用されます。
    見た目に良いだけではなく、一度で食べなかった分のお菓子を残しておく際にも箱ごと保管できて便利です。
  2. 青果
    りんご、桃、ぶどう、いちご、梨、柿など、贈答用として売られているような青果に利用されます。
    ただし、お見舞いの際など、箱がかえって邪魔になる場合には利用を避けましょう。
  3. ワインやビールなどの飲料
    お中元やお歳暮として酒類を贈る際に利用されます。
    中身が重くなりやすく割れやすいため、厚めの素材や丈夫な構造の化粧箱を選びましょう。
  4. 化粧品
    美しさを求めるイメージからも、化粧箱と化粧品の相性は非常に良いです。
    主に女性がターゲットとなるため、華やかさやオシャレ感のあるデザインが好まれます。
  5. 衣料品
    衣料品は軽く、欠損しにくいため、箱の丈夫さを考慮する必要がそれほどありません。
    よって、ピロー型のような特徴的な形状の化粧箱の利用にも向いています。

化粧箱の購入方法

化粧箱は通販サイトでも購入が可能です。
段ボール・梱包資材の通販サイト「ダンボールワン」では、BOX型・ピロー型・サック型・キャリー型・スリーブ型など、さまざまな形状の化粧箱を取り扱っております。
また、アクセサリー用・ハンカチ用・タオル用・ジュース用など、用途に合わせた最適サイズからもお選びいただけます。
化粧箱の購入される際は、ぜひダンボールワンでご検討ください。

まとめ

化粧箱は材質やデザイン、装飾に至るまで、様々な種類があります。
デザインされた化粧箱が多く販売されていますので、見た目や形状の特徴を理解して、イメージに合うものを選びましょう。
オリジナル性を追求したい場合には、「世界にひとつだけの箱」を目指してみるのも良いでしょう。
(ただし、追求するほどコストはかかりますので予算と相談しましょう)

特別なギフトを贈る際や、店の“顔”となる看板商品を梱包する際などは、ぜひ化粧箱にこだわってみてください。

商品がカートに追加されました

商品点数:0 合計金額(税込)0 円

※ 一部地域への別途送料、決済手数料等は含まれておりません
Amazonアカウントでお支払いの方はこちらからお願いします

よく一緒購入される商品