ご利用ガイド

ダンボールの材質強度material

ダンボールの構造

板を側面から見た形状と使われる紙で次のようにそれぞれ種類があります。
材質の名称1 ライナー
材質の名称2 中芯
材質の名称3 フルート (詳細はダンボールとはへ)
以下にてそれぞれご説明します。

01ライナー

ボールを横から見たときになみなみした部分を表と裏から挟んでいる紙の部分をライナーと呼びます。
Cは古紙が多く含まれ、Kはバージンパルプが多く含まれた材質です。4~7は重さを示しています。

強さ-安さ M4 120~130g /m2 コストに特化した材質
C5 160~180g /m2 BF(厚み3mm)でよく使用されている材質
K5 160~180g /m2 AF(厚み5mm)でよく使用されている材質
K6 210~220g /m2 冷蔵・冷凍品、青果物や小型機器など出荷する際によく使用されている材質
K7 260~280g /m2 農協さんがよく利用されていますが、一般に使用される事がないためロットが必要

02中芯

段ボールを横から見たときになみなみした部分の材質を中芯と呼んでいます。
通常は中芯を120gにした材質を用います。
箱のコシを強めたい場合、160、180gと強度のある紙を材質の中芯に使います。

強さ-安さ 120g 一般的な中芯です。
160g 宅配140~160サイズくらいに使用される事がある。
180g 当社ではあまり使用されない。
180g強化 冷蔵・冷凍品や、青果物や小型機器など出荷する際によく使用されている。
200g強化 一般に使用される事がないためロットが必要。
カートを見る
FAX注文書
  • ダンボールの選び方
  • 既製品ダンボール
  • オーダーメイドダンボール
ページトップへ