ご利用ガイド

ダンボールの形状shape

A式(みかん箱タイプ)

みかん箱 展開図 オーダーメイドお見積へ 規格ダンボールはこちら
他の呼び名
A式、A-1、JIS規格コード番号【0201】
主な用途
最も多く使用されている形状です。 小さい箱から大きな箱まで荷物の発送用や保管用など様々な用途で使われます。
メリット
箱を作るための型がいらないので、初期費用が抑えられます。 また、他のダンボールと比べて価格が一番安く、高い強度を誇ります。
デメリット
上下のフタをテープなどで止めなければならない。 箱の深さが70mm未満の場合、破れやすくなる。
※70mm未満の箱の場合は「ヤッコ型」で製造します。

板ダンボール

板ダンボール オーダーメイドお見積へ
他の呼び名
パット、板紙、仕切り板
主な用途
箱の中の間仕切りや上下の当て板として使われます。 また袋などで荷物を発送する際の折れ曲がり防止用としても使えます。
メリット
箱を作るための型がいらないので、初期費用が抑えられます。

ヤッコ型

ヤッコ型 展開図 オーダーメイドお見積へ
他の呼び名
タトウ式、JIS規格コード番号【0401】
主な用途
書籍、CDなどの厚みがないものの梱包やメール便などに使われます。
メリット
箱を作るための型がいらないので、初期費用が抑えられます。 みかん箱では強度が足りず製造できない高さ45~80mmの箱が製造可能。
デメリット
みかん箱と比べると価格が高い。 箱型にした時、4隅に隙間が出来るため、強度面に問題がある。 ※強度・保護性を重視される場合は「N式型」がオススメです!

N式型

N式型 展開図 オーダーメイドお見積へ
他の呼び名
N式上差込式、R式型、組立箱
主な用途
書籍、CDなどの厚みがないものの梱包やメール便などに使われます。
メリット
フタが差込み式なので、再利用性に優れており、テープの使用量を大幅に減らせます。ヤッコ型と比べて4隅が塞がるため、強度が大幅にアップします! また、底面に凹凸ができません。
デメリット
箱の制作に木型が必要です。
→木型について
オプション
箱を開ける時に便利な『指穴』 テープがなくても簡単には開かなくなる『ロック

底地獄型

底地獄型 展開図 オーダーメイドお見積へ
他の呼び名
アメリカンロック式、上差込み下組式、JIS規格コード番号【0215】
メリット
フタが差込み式なので、再利用性に優れており、テープの使用量を大幅に減らせます。
デメリット
底のフタが組み上がるため、底面に凹凸ができます。 箱の制作に木型が必要です。
→木型について
オプション
箱を開ける時に便利な『指穴』 テープがなくても簡単には開かなくなる『ロック

ワンタッチ型

ワンタッチ型 展開図 オーダーメイドお見積へ
他の呼び名
底ワンタッチB式、JIS規格コード番号【0713】
メリット
フタが差込み式なので、再利用性に優れており、テープの使用量を大幅に減らせます。あらかじめ底が糊付けされているので、強度が高く組立も一瞬で終わります。※動画必見!
デメリット
底地獄型と比べると価格が高い。 底のフタが組み上がるため、底面に凹凸ができます。 箱の制作に木型が必要です。
→木型について
オプション
箱を開ける時に便利な『指穴』 テープがなくても簡単には開かなくなる『ロック

キャラメル型

キャラメル型 展開図 オーダーメイドお見積へ
他の呼び名
B式、上下差込み型、サック箱、JIS規格コード番号【0210】
メリット
フタが差込み式なので、再利用性に優れており、テープの使用量を大幅に減らせます。また、底のフタも差込み式のため、底面に凹凸ができません。 底地獄と比べると早く組立てられます。
デメリット
底地獄型と比べると価格が高い。
箱の制作に木型が必要です。
→木型について
オプション
箱を開ける時に便利な『指穴』 テープがなくても簡単には開かなくなる『ロック

木型について

木型について

N式型、底地獄型、ワンタッチ型、キャラメル型の箱は、「木型」を用いて、
打ち抜き方式で製造しております。木型は、機械タイプに応じてベニヤにレーザー加工を施し、
切り刃と罫線刃を埋め込んだものです。

費用は仕様によっても異なりますが、
安いもので1~2万円、高いものになると5~10万円することもあります。
一度作成した木型は当社で保管いたしますので、次回からのご注文では木型の費用は不要です。
(※但し、1年以上ご注文がない木型につきましては処分させていただきます。)
カートを見る
FAX注文書
  • ダンボールの選び方
  • 既製品ダンボール
  • オーダーメイドダンボール
ページトップへ