梱包資材の使い方Packing material guide

梱包資材の使い方

ダンボール

ダンボール

頑丈で壊れにくいダンボール箱ですが、クッション性が無いため輸送時の衝撃には注意が必要です。
内容物がダンボール内で動かないように、紙製・エアー入りの緩衝材ですき間を埋めたり、商品をプチプチやミラーマットなどで包むことで安全に商品を輸送することができます。

薄型ケース(メール便ケース)

薄型ケース(メール便ケース)

メール便サービスはサイズの規定があるため、利用するサービスに合わせた商品を選択することが重要です。
内容物を緩衝材で包んだりテープで固定するなど、外部からの衝撃に備える必要があります。

厚紙封筒・厚紙ケース

厚紙封筒・厚紙ケース

封筒タイプはフタ部分にテープが付いており、別途テープを用意する必要がありません。ケースタイプは作業時に別途テープでフタを留めます。
ダンボール製のメール便ケースよりも頑丈さが劣るため、書籍や衣類など壊れにくいものに適しています。
壊れやすいものを包む場合はダンボール板で補強するなど緩衝材を使用する必要があります。

プチプチ(エアーキャップ)

プチプチ(エアーキャップ)

商品保護の必需品。ダンボールに入れる前に商品を包んで外部からの衝撃から商品を保護します。
ロールタイプは自由にカットして使用でき、様々なサイズの物に対応可能。
特定のサイズでカットされたカットタイプは同じ大きさの物を効率よく包むのに適しています。
平袋タイプは包む際のテープ留めが不要で、さらにスピーディーに作業を行えます。また、内側にプチプチがついている封筒タイプはそのまま発送が可能で、梱包初心者でも手軽に扱えます。

ミラーマット(ミナフォーム)

ミラーマット(ミナフォーム)

食器やビン、ガラス製品など割れ物の保護に適した緩衝材。
商品を包んで衝撃から保護します。ロールタイプは自由にカットして使用でき、様々なサイズの物に対応可能。
特定のサイズでカットされたカットタイプは同じ大きさの物を効率よく包むのに適しています。

宅配袋・宅配封筒

宅配袋・宅配封筒

マチ付きで余裕のある宅配袋は大きさの異なる様々な商品に対応。
厚みのある書籍や、かさばる衣類など多様な用途で使用できます。
商品の保護には不安を感じる部分もあり、ビニール袋に商品を入れるなど丁寧な包装があると開封時の印象がアップするでしょう。
壊れやすいものを入れる場合はダンボール板やプチプチなど緩衝材の使用が必要です。

緩衝材

緩衝材

ダンボール箱のすき間埋めとして。紙製緩衝材は丸めて使用する他に、包装紙としても使用可能。
エアー入り緩衝材は使用する大きさに切り離して使用します。
空気を抜くとコンパクトになり受け取った後の処分がカンタンです。
発泡緩衝材はバラの緩衝材が小袋に入っており、袋から出しても使用可能。2種類の原料があり、コーンスターチ製は燃えるゴミとして処理できるのが特徴。ポリエチレン製はへたりにくく製品をしっかりと固定できるため、精密機器や高額商品、重量物の梱包に適しています。

梱包テープ

梱包テープ

ダンボール箱、ケースの組み立てに使用する他、商品の保護、固定のためにも使用できます。
透明なOPPテープは最も低コストで見た目もキレイに仕上がりネットショップの梱包にはおすすめです。
紙製のクラフトテープ、布テープは表面に文字を書くことができ、手でちぎることが可能。
養生テープは作業後にはがせるように粘着力が弱く、フタ止めには不向きですが、仮止めには適しています。

上へ